さて、気賀で城を建てる事になり、井伊が気賀を取る立場となりました。

龍雲丸との距離が離れたと思っていた直虎でしたが、気賀で目指すものが同じとなれば、今後の展開も気になるところです。

 

Sponsored Link

 

第28話『死の帳面』あらすじ(ネタバレ)!

 

 

今川氏真の妹・鈴は、武田家嫡男の義信に嫁いでいたが、その義信は父・信玄への謀反を企てた事が露見し、自害に追い込まれる。

夫亡きあとも、鈴は甲斐に留め置かれていた。

 

ここで動きを見せたのが寿桂尼である。

みずから甲斐におもむき、孫娘・鈴を駿府に返す様、信玄に直訴するとともに、氏真の妻の実家である相模の北条家に、武田家との仲裁を願い出た。

 

これにより鈴は、駿府に戻され、とりあえずは武田家との決着はついた。

寿桂尼はさらに、越後の上杉家との和睦にも奔走する。

 

しかし、その代償は大きかった。

心の臓に病を発し、床に伏せてしまったのである。

 

気賀では、堀川城を祝う宴席が張られていた。

この席で直虎は、ある決断を明らかにする。

 

私がここの城代にございますか?

驚きを浮かべる方久に、直虎は笑顔を向けた。

 

それが最もやりやすいと思うのじゃが。

集まっていた中村屋をはじめ、町衆が次々に賛意を告げる。

 

それを聞き、方久が満面の笑みを広げた。

瀬戸方久、お預かりするからには、気賀を銭のうなる地に変えてみせましょう!

 

宴には、龍雲丸とその手下達も姿を見せた。

それを見た町衆が、一斉に歓迎の声を上げる。

 

来てくれたのか。こっちじゃ、こっち。

挨拶に来た龍雲丸に、来たのか。と直虎は言った。

 

へぇ、ここから世を変えねばならねえんで。

二人は互いにしか分からない笑みを交わした。

 

では、気賀はうまく回りそうなのですか。

碁石を置き、政次が言った。

 

直虎も一手打ち、『われが口を挟むことなど、ほとんどない様子じゃ。

二手、三手と打ち、政次は口調を改めた。

 

殿。そろそろ、戦の事を考えた方がよろしいかもしれませぬ。

今川と武田のいさかいは収まったのであろう?

 

表向きです。裏では武田は攻め込む手はずを整えておりましょうし、どうやら大方様のお具合もよろしくない様にございます。お亡くなりになれば、一挙に事が動くかもしれませぬ。

 

愕然となる直虎に、政次は静かに続けた。

寝返りが始まり、戦にもつれ込みます。このまま何もせずにおれば、今川方として駆り出されるだけです。そろそろ何か手を打たねば。

 

・・・・われらも寝返る支度という事か。

思い返せば、直親が討たれたのも、今川に背を向けようとしたのがきっかけだった。

・・・・直親の敵をとってやらねばならぬな。

 

寿桂尼が見せる涙

 

翌日、南渓が館に姿をみせた。

差し出された封書を受け取り、直虎は驚いた。

 

寿桂尼の名が記されていた。

今朝方、寺宛に届いての

 

急いで封を開くと、おなご同士、腹を割って語り合いたいといった文面が並んでいた。

恐らく会えるのも最後になろう。お主も話したい事を話してきてはどうじゃ。

 

その言葉に直虎は、従う事にした。

 

忙しいところ、呼び出してすまなかったの。

何かを書いていた帳面をぱたんと閉じ、寿桂尼が言った。

 

深く一礼して、直虎は答えた。

滅相もない事でございます。大方様とお会いするより大事な事などございませぬ。

 

その視線を追い、寿桂尼が苦く笑った。

このところ覚えが悪くなっての。さまざま書きつける事にしたのじゃ。

 

持参した包を開き、直虎は数枚の布を取り出して寿桂尼の方に押しやった。

井伊で出来上がりました綿布にてございます。後見のお許しを頂きましてから三年。なんとか、かようなところまでこぎ着けました。

 

手にした綿布をなでながら、寿桂尼が言った。

そなたがのぅ。・・・大したものじゃ。

 

面やつれし、背を丸めた寿桂尼は、ただの老女にしか見えない。

胸に切なさが込み上げた。

 

綿布をなでる手を止め、寿桂尼が直虎を見た。

そなた、あれをどう思うておる。

 

・・・・あれ、とは?

直親の事じゃ。われらが何をしたかは、おおかた察しはついておるのじゃろう。・・・恨むなと言う方が無理であろうな。今でも恨んでおろう?

 

ぎゅっと拳を握りしめ、直虎は返した。

家を守るということは、綺麗ごとだけでは達せられませぬ。・・・大方様のなさった事を責められる者がおりましょうか。

 

じっと見つめてくる寿桂尼に向かって続ける。

狂うてでもおらねば、手を汚す事が愉快な者などおりますまい。汚さざるおえなかった者の闇はどれほどのものかと・・・

 

寿桂尼がじっと目を閉じ、開いた。

涙が光っていた。

 

そなたから、さような言葉を聞けるとは思わなんだゆえ。すまぬの。

おんな大名と呼ばれた人が、こうまで弱くなったのか。

そう思うと、キリキリと心が痛んだ。

 

年端も行かぬ小さなおなごが、お家のためにひたすらに鞠を蹴っておった姿は、いまだ忘れられぬ。・・・・瀬名の命乞いに乗り込んできたとき、徳政を覆しに来た時、そなたがわが娘であればと、ずっと思うておりました。

 

ぽろぽろと隠そうともせずに涙をこぼし、寿桂尼は直虎の手を取った。

どうか、わが亡きあとも、今川を見捨てないでおくれ。そなたの才覚をもって太守様を支えてほしいのじゃ。

 

・・・ご安心くださりませ。

複雑な思いで、直虎も手を握り返した。

 

腹の探り合い

 

帰館した直虎は、すぐに政次を呼び上げた。

大方様は、縁のある方一人一人にお別れをしておられるそうじゃ。

 

最後のお努めとお思いなのでしょうな。・・・今川の家臣や国衆の多くは、先代や先々代に受けた恩義がございます。大方様と会う事は、それを思い出す事になりましょう。少しでも、離反を食い止めようとしておられるのでしょう。

 

・・・それでも、われらは寝返るのじゃの。全ての恩を忘れ。

・・・井伊のお家を守る為です。

 

同じ頃、寿桂尼は帳面の中身を氏真に見せていた。

ずらりと名が並び、半数近くの頭に『☓』印が付けられている。

井伊直虎もその一つだった。

 

何ゆえに信用できぬ、とされたのですか。あのおなごはお気に入りかと思うておりました。

あれは、家を守るという事は、綺麗ごとだけでは達せられぬと言うたのじゃ。

 

低く、力のこもった声で寿桂尼が返した。

いつも、われが己を許す為に、己に吐いておる言葉じゃ。恐らく同じ様な事を常日頃思うておるのであろう。われに似たおなごは、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ・・・

 

・・・では、井伊については筋書きどおりに

そう問う氏真に、寿桂尼はうなずきかけた。

 

今川家が、上杉家と結ぶ策を講じている。

南渓に聞かされ、直虎と政次は思わず顔を見合わせた。

 

使いの僧達が行き交っておるようでな。

両家が結べば、武田家の三方を囲い込む事が出来る。

 

しかも、上杉家と武田家は犬猿の仲だ。

武田は随分と苦しくはなろうの。

 

では、このまま動かぬかもしれぬのですか。

・・・徳川の出方一つかもしれぬな。

 

武田家の頼みは織田家と、その下にいる徳川家だ。

家康が考えを変えれば、信玄は戦が出来なくなるかもしれない、と南渓は語った。

 

徳川にそう働きかければ良いのではないのか。

直虎はつぶやき、政次に向かって続けた。

 

徳川が武田と組まねば、戦にはならぬのかもしれぬのじゃろう?ならば徳川に上杉と結び、武田を囲い込むが上策と進言すれば良いのではないのか。

 

おやめくださいませ。さような事が、もし今川の知るところとなれば、何を言われるか。

井伊は、戦を避けるのではなかったのか。これとて、戦を避ける事に変わりあるまい!

 

直虎が自室に戻り、家康に宛てて文を書き出したその頃。

今川家では、寿桂尼の帳面に基づき、疑わしい者達の粛清が始まっていた。

 

次回! 【おんな城主直虎】第29話『女たちの挽歌』あらすじと感想!

 

2017大河ドラマ【おんな城主直虎】キャスト一覧!

 

【おんな城主直虎】浅丘ルリ子が演じる寿桂尼はカリスマ女戦国大名!

 

 

Sponsored Link

 

第28話『死の帳面』放送終了後の感想!

 

 

今回の第28話『死の帳面』は、本当に戦国時代デスノートでした。。。(-_-;)

皆さん、Twitter等で『デスノートに直虎の名前が書かれていた!』なんて言ってますが、まさにそんな感じでしたね。

 


しかし、やっと武田信玄登場~!!

松平健さんが演じてるのが解りにくい位、インパクト大!の武田信玄で、びっくり!!

 

ま、ま、てっぺんハゲ的なイメージが武田信玄にはあるものの、松平健さんハゲ役でええの??

・・・・っと、これ以上は失礼!

 

それと、今回気になったのは『心の臓』って言葉。。。

心の臓、心の臓』て・・・

 

心臓って言うた方が絶対、早いやん!

ま、戦国時代ですからっ!て事ですか。

 


今回は、龍雲丸の登場が一瞬だけで、なんだか残念。。。

でも、その龍雲丸の姿を見た直虎の顔ったら・・・♡

 

あれは確実に、『恋してます♡』の顔やね!

しかし、龍雲丸はどう思ってるのか・・・う~ん、実に気になる。。。

 

で、今回は寿桂尼と直虎の腹の探り合いって感じでした。

2人の会話で、寿桂尼が『直親の事じゃ!』って言った時の顔ったら・・・

 

こえーの何のって・・・(-.-;)

さすがベテラン女優の浅丘ルリ子さん!やるねー!

 

てか、寿桂尼とにかくしぶとい。

武田信玄も、そらしぶといって言うっちゅーねん!

 

でも、やっぱすげーと思うのが、直虎の発した言葉で『われに似たおなごは、衰えた主家に義理立てなどせぬ!』と見抜いた事!

 

ま、腹の探り合い大会に出場した寿桂尼の勝利!って感じやね。

2位は直虎か・・・

 

2人しかおらんっちゅーねん!

・・・と、寒い一人ノリツッコミで凍りつかせてすみません。。。

 

今回は、政次の登場も少なかったし、私としては盛り上がりに欠けていたかなぁという印象の会でした。

来週に期待したいと思います。