徳川家康と瀬名の嫡男である信康が、謀反の疑いをかけられ、処刑される事が決定しました。

家康が岡崎城へ行くと決めた矢先の事でした。

自分の子を失ってしまう瀬名は、この先、どんな行動をとるのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

第46話『悪女について』あらすじ(ネタバレ)!

 

 

万千代と万福は、大浜城を訪れた。

信康を幽閉している見張りの兵に、家康の書状を見せ、堀江城に移すよう強い口調で言った。

 

そして、移送した先の堀江城で万千代は信康に、これが家康の命による時稼ぎであることを明かした。

あなた様のお首を望んだは織田。殿は従ったふりをし、一方であなた様の助命を叶えるべく、北条との密約を進めております。

 

北条は武田と同盟しているが、両家は今や手切れ寸前となっていた。

その北条が徳川と結ぶとなれば、武田にとっては、大きな痛手となる。それを手土産に、願い出る作戦だ。

 

その後も家康は、信康を二俣城に移し、さらに時を稼いだ。

その頃、瀬名が岡崎城から姿を消した。

 

武田との内通を示す、勝頼の花押が入った書状が文箱からみつかった。

浜松城の広間で合議中だった家臣達が囁き交わした。

 

武田と通じておったのは、お方様という事か。

お方様のお首を差し出せば、信康様は助かる。・・・・という事になりますかな。

 

お待ちくだされ。まこと通じられていたのならば、わざわざかような物を、残し去る事などございますまい。

と、万千代が末席から声を放った。

 

そこで同意を示すかと思った家康が、忠勝に向かって大声で命じた。

瀬名に追ってを放て。武田に通じる道、信康のおる二俣城に至る道、街道に兵を差し向けよ。捕らえ次第、首をはねるがよい!

 

瀬名の決心

 

旅装に包まれた細い体の瀬名から、明らかに嘘だと分かる言葉が発せられた。

信康の顔を見に行くのです。許される事になったので、出迎えて驚かせてやろうと思うて。ついでに、と、こちらに立ち寄り・・・

 

立ち去ろうとする瀬名の腕を直虎は強くつかんだ。

そなたの首をもって、事を収めようと考えておるのか。武田と内通しておったのは息子ではなく己であると、そんなところか。瀬名!

 

駆け出そうとした瀬名と従者の男の前に、息を荒くさせて立っているのは、万千代だった。

・・・・お話しがございます。

 

龍潭寺の庫裏で、直虎達は万千代の話を聞いた。

家康は、瀬名が母親の生地を訪れる事を見越して、万千代達にあとを追わせたのだった。

 

殿も成り行き上、止める訳にはいかず、今お二人には追っ手がかかっております。そこで・・・

それは、家康から井伊への頼みだった。

 

しばらくの間、井伊にてかくまうえという事か。井伊は、逃げる隠れるには慣れております。ほとぼりが冷めるまでご案じなく。

と、直虎が言った。

 

殿の策は、必ず実るのですか?

瀬名の言葉に皆、黙り込んだ。必ず実る策など、どこにもない。

 

ならば・・・やはり私が通じたとした方が、信康を間違いなく救い出せるのではないですか。

瀬名の目は死んでいた。止める事はもはや誰にも出来ない。

 

直虎がたまらず、あれよこれよと、大声で叫びながら止めた。が、瀬名は言った。

おいとまします。あね様。』

 

Sponsored Link

 

家康の悲しみ

 

家康は悲しみと怒りを必死でこらえ、冷たく笑う信長の前に丸桶を差し出した。

わが妻、瀬名の首にてございます。

 

武田と通じたのは妻で、息子は何も知らなかった。なにとぞお許し願いたいと言い、更に続けた。

われらはこたび、北条と手を結びましてございます。武田を亡きものにしたあとも、徳川は織田と変わらず、良い関わりを続けていける事を願うております。

 

そこまで言うなら、徳川殿の好きになさるがよい。その代わり、余も好きにするがな。

信長は冷たく言い、去っていった。

 

九月十五日。父・家康の命により、徳川信康、自刃。

二十一歳という若さであった。

 

別れ際、押し付けるように瀬名から渡された紅入れを、直虎は万千代の前に置いた。

よろしき時に、殿にお渡し願えればと思うて。

 

・・・とてもお渡し出来る様なご様子では・・

生き残った者に出来るのは、その志を宿す事だけじゃ。信康様は、どのような志を持っておられた?

 

・・・いつも、己の立場より、お家の行く末を考える様なお方で。・・・殿も、いつもは一人で打たれる碁も、信康様とだけは、対局なさり。

ならば、そなたが信康様の変わり身となればよいではないか。

 

家康は、一人で碁を打っていた。

背後から近づいた万千代は、ざっと基盤を払った。

 

ご無礼を。お考えが進んでおらぬよう思われたので。・・・・もう一度やりましょう。私がお相手します。

お、お前は、お前は、何様のつもりじゃ!

 

家康は、涙と鼻水で顔をグシャグシャにさせながら、飛び散った碁石を拾っては、万千代に投げつけ始めた。

碁石を浴びながら、万千代は、瀬名の紅入れを基盤の端に置いた。

 

お方様が見ておられます。
石つぶてが止まった。

 

考えましょう。この先の、徳川のために。

立ち尽くしていた家康が、基盤の前に腰をおろした。

 

【おんな城主直虎】47話あらすじ(ネタバレ)と感想!『決戦は高天神』

【おんな城主直虎】瀬名(築山殿)と徳川家康の生涯

【おんな城主直虎】井伊直政(虎松)の最後は?妻や息子も気になる!

 

2018大河ドラマ【西郷どん】

 

Sponsored Link

 

第46話『悪女について』放送終了後の感想!

 

 

こちらは放送終了後に追記していきます。