とうとう井伊直親の命が第11話で。。(T_T)

そのキーパーソンとなる人物が2人います。

1人は直親に、ニセの書状を持って来た山伏役。

もう1人は、ニセ松平元康役です。

ほっしゃんこと星田英利さんが『おんな城主直虎』NHK公式サイトより、キーパーソンとなる事を明かしています。

さて、ほっしゃんは、どの役なんでしょうか?

 

Sponsored Link

 

ニセの松平元康役は、ほっしゃん?

 

画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

 

さて、ほっしゃんこと、星田英利さんが『おんな城主直虎』に出演されます。

ほっしゃんかぁ・・・・同じ関西人として、応援したくなります!

 

さて、こちらのNHKの『おんな城主直虎』公式サイトにて、ほっしゃんの画像がありますが・・・・

こちらの画像も参考に検証してみたいと思います。

 

● 第11話のあらすじより、まずキーパーソンを検証!

 

まず、第11話のあらすじを確認します。

第11話 さらば愛しき人よ あらすじ

 

おんな城主直虎 NHK公式サイトでは、『星田英利さんが出演します。』という事と、『かなりのキーパーソンです。』といった事だけ書いてあります。

 

おんな城主直虎 第11話 さらば愛しき人よ』のあらすじから、キーパーソンとなる人物を自分なりに考えてみました。

 

まず、NHKでも言ってる通り、尾上松也さん演じる『今川氏真』もキーパーソンですよね。

だって、この人が怒るから直親が・・・(T_T) 

(また悲しくなってきた。。。)

 

そんな、怒らんといて!!って言いたいとこやけど、まぁ、阿部さんが・・・いや、松平元康が裏切るから悪いんやけどね。

 

戦国時代では、それはそれは、一大事ですわ。

謀反の疑いどころじゃないですからね。

 

敵方の織田と、もう手を組んでる。っちゅー事ですから・・・。

 

っちゅ~てもやね、罠を仕掛けるってのも、どうかと思うんやけど・・・・氏真はん!

と言いたくなるのは抑えて・・・・・っと。

 

井伊家を罠にかける、または試した。という点では、今川氏真や寿桂尼も第11話では、キーパーソンといった感じでしょう。

 

でも、今川氏真も寿桂尼も役者さんが決まってますからね。

 

● 誰が演じるか解っていないキーパーソンより検証!

 

さて次に、第11話でキーパーソンとなりうる人物なのに、誰が演じるの?と思われる人物をチェケラッ!(古っ!)

 

あらすじから考えると、次に重要参考人なる人物を特定すると。。。

直親の殺害に関与したという人物ですね。(関与とまではいかんか・・・^^;)

 

まず、今川から差し向けられた、ニセの山伏!

ですが山伏たる者、通常の格好はこんな感じです。ハイ。

 

ニセの松平元康役は、ほっしゃん?

画像引用元:http://srnm5men.seesaa.net/article/28839213.html

 

NHK公式サイトからの画像を見る限り、ほっしゃんの着物は何とも派手な感じで、どっちかというと『殿』的な感じじゃないですかっ!

 

そして、上から目線の様な表情。。。。

これはまさしく、『松平元康』になりきったのではないでしょうか?

 

この『第11話 さらば愛しき人よ』では、ニセの松平元康と鷹狩りに行く約束をする、直親。

それが元で、今川より謀反の疑いをかけられる事となります。

 

手にあざがある男がニセの松平元康。

さて、ほっしゃんの手にあざがあるのか・・・?

 

私の推理では、ほっしゃんはニセ松平元康ではなかろうか・・・?と思っております。

 

とにかく次回を楽しみにしたいです。。。

それに、次郎法師と直親の別れのシーン・・・

 

予告だけでも、グっときました。。。

直親が第12話から登場しないのは寂しい限りです。

 

後は、政次を堪能するとして・・・っと。

しかし推理、当たってるといーな。(^o^)

 

Sponsored Link

 

そもそも山伏とは?どんな事してたの?

 

 

さて、次は山伏についてです。

次回のおんな城主直虎 第11話 さらば愛しき人よでは、2人の山伏が登場します。

 

まずは、ニセの山伏。

井伊家を試す為、今川より送られた偽物の山伏。

 

そして、和田正人さん演じる『松下常慶(まつした じょうけい)』という、松平からの書状とお礼の品を持ってきた本物の山伏。

 

和田正人【おんな城主直虎】山伏の松下常慶役!キーパーソンとなるのか?

 

そもそも、山伏ってなんでしょう?

なんか、ふりかけみたいなイメージがするのは、私だけ?(トコブシ、かつおぶし?)

 

いえいえ・・・実は、山伏というのは『修験道の行者』です。

 

画像引用元:http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000093

 

修験道』とは、日本独特の宗教の1つです。

山にこもって悟りを開くという』言葉を聞いた事ありませんか?

 

そんな、悟りを開く為の場所である『』を崇拝する対象とした宗教を『修験道』といいます。

 

そして、その修験道で修行を行う人を、『修験道の行者』といいます。

 

その、修験道の行者が山伏と呼ばれていますが、山伏は日本各地の霊山と呼ばれる様な山で、厳しい修行をしていたそうです。

 

山伏は、自分の行いに懺悔し、新しい自分に生まれ変わる為の気持ちをもつ。といった事が主な修行だったそうですよ。

 

それと、山を登って神と一体になる。そして悟りを開く。といった感じでしょうか。。。

 

そんな山伏も、だんだんと壊滅していったり、新興宗教などに吸収されていきました。

 

でも、山伏の格好をした人を見た記憶があるので、現在も山伏はいらっしゃるんですね。

 

さて、大河ドラマ『おんな城主直虎』では、和田正人さんが『松下常慶(まつしたじょうけい)』という風来坊の山伏役を演じます。

 

一般的に言われる山伏とは、なんだか違ったイメージですよね。

松下常慶は、諸国を行脚しながら情報を集めるといった感じです。

 

貴重な情報も、度々運んでいた様です。

う~ん、お金も貰ってたん?って感じですよね~^^;

 

自分の行いに懺悔し、新しい自分・・・・って・・・・全然やんっ!

と、つい思ってしまいます。。。。^^;

 

和田正人【おんな城主直虎】山伏の松下常慶役!キーパーソンとなるのか?