やっと直虎の心も政次の死から立ち直る事が出来、龍雲丸の命も助ける事が出来ました。

直虎と龍雲丸は、それぞれ自分だけが生き残る事に苦悩を感じるところで終わりました。

さて、家康と氏真の関係も戦を回避する方向へ向かっていますが、武田信玄はどう出て来るのか?

井伊家はどうなるのか?

 

Sponsored Link

 

第36話『井伊家最後の日』あらすじ(ネタバレ)!

 

 

あらすじが出来上がっていない状態なので、【おんな城主直虎 公式サイト】より抜粋致します。。。

出来上がり次第、下記は変更する予定です。

 

第36話 『井伊家最後の日』簡単なあらすじ!

 

徳川家康(阿部サダヲ)と今川氏真(尾上松也)の間に和睦が成立し、遠江一帯の混乱がいったん落ち着きを見せるなか、

直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩んでいた。

家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。

そんな折、松下常慶(和田正人)が直虎のもとを訪れ、井伊家嫡男の虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいと願い出る。

井伊家の再興をあきらめきれない虎松は、これに猛反発するが・・・

 

第36話 『井伊家最後の日』のKEYポイント!

 

事実上、徳川への人質として松下家の当主・源太郎(古舘寛治)に嫁いだしの(貫地谷しほり)。

松下には跡継ぎがなかったため、源太郎の弟である常慶が虎松を松下家の養子にしたいと直虎に頼みにやってくる。

虎松を他家に出すことは、跡を継ぐべき男子の絶える井伊にとっても死活問題。

お家の再興を目指していた直虎の判断は果たして…?

 

栗原小巻さん演じる於大の方が登場!36話のキーパーソンとなる様だが・・・

 

徳川家康の生母・於大の方(栗原小巻)が初登場。嫁姑の確執か、

今川の血を引く瀬名(菜々緒)にはあまり好印象を抱いていない様子なのだが…。

“この役を演じるのは二度目”という栗原小巻さんふんする於大の方の、慈愛に満ちた存在感はさすが後の天下人の母!

於大の方と瀬名、今後の関係にも注目したい

 

【おんな城主直虎】37話あらすじ(ネタバレ)感想!『武田が来たりて火を放つ』

 

Sponsored Link

 

第36話『井伊家最後の日』放送終了後の感想!

 

第35話『蘇えりし者たち』放送終了後の感想!

 

いや~、今回はちょいちょい泣けるシーン満載やった。。。

タイトルからしても、『井伊家最後の日』と言っているじゃありませんかっ!そりゃ、悲しいわ。

 

今回、栗原小巻さんの於大の方が初登場したけど、感想としたら

あれだけなん?

という感じ。

 

ただ単に、『こえー。』ってな感じだけやったけど、とにかく嫁姑バトルを見せたかったんか?という印象!

 

 

ホント、怖いわっ!

そして、今回も登場~!!

 

もじゃ近!(もじゃもじゃもみあげ近藤康用)

 

いやいや、心なしかちょい、優しい顔つきになってたやん。

さすが俳優だわさ。橋本じゅんさん、やるぅ~!

 

しかしぃー。。。

あの演出は、森下佳子さんが、笑かそうと思って仕込んだに違いない。としか言えねー!

なんも言えねー!

 

 

これ、誰もがこのシーン(クララが立ったシーン)しか思いつかねー。

なんも言えねー。

 

もしくは、

 

てな事しか浮かばんやろ。。。

森下佳子さんもやるぅ~!

 

ま、産まれたての近藤鹿は、置いといて。。。と。

 

しかし、井伊家はとりあえず終わらせる事となってしまった。。。

龍雲丸の『あん人は、ずっと人の為に生きなきゃなんねぇんですかね?』って南渓和尚に聞いていたけど、そこのとこが、私的にはジーンときた。。。

 

そうやな・・・そうやわな。

って思ったし、そんな女が身近にいたら、そりゃ惚れるわな。

 

ってか、モテモテやん。直虎!

それと、夜に直虎が一人でいるところに、南渓和尚が井伊を存続させない事を告げに来たシーンも。。。

 

これもジーンときた。。。

っちゅーか、小林薫さんカッコイイー!!

めっさシブかった!

 

それに泣く次郎。。。

私も泣きたくなった。えーん。小林さぁーん。。。

 

それとまだ、ジーンとくるシーンはありましたねー。

井伊家が終わる事を、隠し里の皆に告げるシーン。。。

 

直之~!!

熱いっ!熱すぎるっ!

 


しかし、これにもウルっときた。

直之・・・しかし、久々にタメ口やったね。。。

 

高瀬に『中野のおじさん』って言われてたね。^^;

おじさんて・・・^^;

 

直之役の矢本悠馬君って、まだ27歳やしっ!

 

で、更に強情な方がもう一人・・・

マルコメ虎松登場!

 

いやー坊主頭の虎松!めちゃくちゃ可愛いじゃないですかっ!

何回も言うてまうけど、寺田心君、ホント9歳かよっ!

小3かよっ!

 


いやはや、しかし直虎喋ってる途中に、ツッコミ入れまくる虎松。

さすがや。。。でも、最後は『うぇーん!』てか。

 

可愛い・・・^^;

 

それと、やっぱ今回はなんといっても!

痔ろう・・・じゃなくて、次郎と龍雲丸のお付き合い記念日となったシーン。。。

 

ひぇ~、りゅ、りゅ、りゅう・・・龍雲丸~!

あんたより先にはしにましぇーん』ってか。。。

 

びっくりした。(*_*)

 


政次もあんな顔なるっちゅーねん!

いやいや・・・でも、良かったよ!ホント。

 


ほんとやねー。

架空の人物、龍雲丸がすごく盛り上げてる!

 

だって、還俗するってかぁー?

なんという展開・・びっくりした。

 

途中、ロマンス入れる作戦やね。

森下佳子さん、またまたやるぅ~!

 

ま、でもこの2人の顔としては、こうなるわな・・・

 


 

【おんな城主直虎】37話あらすじ(ネタバレ)感想!『武田が来たりて火を放つ』